中国語 | English | 日本語
ホーム ホテル情報 ニュース サービス 予約 会員コーナー 求人情報 お問い合わせ
ニュース
あなたの位置:ホームニュースニュース

深圳粤海ホテル、最優秀ホテルとして“金鵬賞”を受賞

  • 公開された:2013-09-09



  • 2013828日、深圳市旅行協会及びホテル観光協会の総会にて最優秀ホテルを決める“金鵬賞”の授賞式が宝安雁盟ホテル文化会館にて開催されました。深圳市旅行局及び旅行協会の会長及び100を超えるホテルからの参加者により盛大な式典となりました。深圳市旅行協会より開催されました今回の総会のなかで弊社、深圳粤海ホテルはセントレジスホテルやリッツカールトンホテルなどの五星級のホテルと肩を並べて、計11のホテルと共に優秀ホテルとして第1回“金鵬賞”を受賞いたしました。同時に当ホテル総支配人の李西明及び粤海グループ学苑賓館総支配人钟灼が最優秀経営者として同じく“金鵬賞”を受賞いたしました。

    この度、深圳粤海ホテルは25年の歴史を持つホテルとして非常に高い評価を得る事が出来ました。多くの一流ホテルと共に今回の受賞が実現した事にはどのような背景があったのでしょうか。ホテル総支配人である李西明は長年の取り組みについてこのように述べています。これまで主に日本企業のお客様からご利用を頂き、皆様から厚い信頼を頂き現在に至ります。そして粤海グループによる卓越した経営戦略と先見性、そしてお客様と当ホテルとの間の相性であったと思います。歴代総支配人と弊社経営陣は一貫して日本のお客様を主要顧客とする立場を堅持し、そこに全社員の力を注いでまいりました。特に我が家のような雰囲気と共に快適な空間を作り出す事、設備や施設などのハード面を絶えず更新、サービスにおいても常に創意工夫を行い他社との差別化を図ってまいりました。

    この市場をリードして20年余り、常にお客様に忠誠を尽くす事で現在の地位を確立し、高い知名度を得る事が出来ました。総支配人李西明より、これまで数多くの栄誉を頂きましたこと、この事につきまして今後も優れたサービスとブランドの魅力を活かし、深圳粤海ホテルがこの地で観光旅行業の発展に貢献してまいります。


  • 印刷 | 閉じる